◆ トピックス ◆





・・2017年サンゴの産卵予想・・


2017年のサンゴの産卵を予想します。

今年は、6月9日(金)の満月を基準に、その前後の数日間で大規模な一斉
産卵が見られます。

可能性のある日程は、6月8日(木)あたりから6月15日(木)あたりです。

ただ、いつもサンゴの産卵予想の時に言っている事ですが、サンゴの産卵とは
自然界で繰り広げられる野生動物の産卵行動であり、それを数ヵ月も前から
的確に予想するのは容易な事ではありません。

それは、サンゴが産卵するには、その
数ヵ月前から始まると言われている
卵と精子の成熟の度合い、さらには、
産卵直前の水温の変化や海の状態
などの自然環境が大きな影響を与え
るからです。
-2016年5月28日撮影-
ですので、産卵の時期(特に1ヵ月程前から)の気象状況が安定して、天候の良い日
が続き水温の上昇も良好で、サンゴの卵や精子の発育も順調に行われ、比較的早い
段階でサンゴの産卵に適した好条件が揃うと、先にあげた日程(6月8日〜15日)の
中から、早めの日程での産卵になると予想する事ができます。


また、その逆に産卵前の気象状況が
不安定で、梅雨の大雨が続いたりし
て水温の上昇も遅く、産卵条件がなか
なか整わないような時には、先の日程
の中でも、遅めの日程での産卵になる
事も充分に考えられます。


 -2016年6月19日撮影-
ですので、もし可能であれば、先にあげた日程(6月8日〜15日)の中で、少しでも長め
の滞在でお越しいただいた方が、より産卵を見られる可能性が高くなります。


ただ、どうしても短期間の日程でし
か滞在できないという場合には、事
前に直接、お問い合せ下さい。
上記の日程(6月8日〜15日)の中
でも、より可能性の高い日にちを内
緒でこっそりお教えいたします。(^^;)
-2016年6月19日撮影-

それでは、2017年も、『大自然の神秘・サンゴの大産卵』を、てぃーだマリンで
ご一緒に楽しみましょう。







・・2016年サンゴの産卵・・


2016年のサンゴの産卵は、5月と6月の2回に分かれて行われましたが、
その2回とも事前の予想通りの日程で見る事ができました。



まずは、5月27日の夜、ウスエダ
ミドリイシの産卵に始まって、その
後も遅い時間帯からもユビミドリ
イシの仲間(写真右)やハナガサ
ミドリイシ(写真下)などの産卵が
確認できました。




-2016年5月27日撮影-


ただ、産卵の規模としては、ごく小規模な
ものでした。




 -2016年5月27日撮影-

しかし、翌日(5月28日)の朝には、
産卵ポイントから近い阿真ビーチの
波打ち際には、昨夜産卵したサンゴ
の卵が漂着して、水面を赤く染めて
ました。(写真右)


-2016年5月28日撮影-


阿真ビーチに漂着したサンゴの卵を見るのは私も初めてでしたが、おそらく、
たまたまこの時の風向き・潮流の影響でビーチに漂着したものと思われます。


そして、この日の夜(5月28日)には、2夜連続となる産卵が確認できました。



産卵したのは、数種類のユビミドリ
イシの仲間などで、写真左はオヤ
ユビミドリイシの産卵です。


 -2016年5月28日撮影-
5月の産卵は、27・28日と2日連続で確認できましたが、ごく小規模な産卵で、
これもまた、事前の予想通りでした。





そして、待望の大産卵は、6月19日に
大勢のゲストもご一緒に、じっくりと
観察できました。(写真右)(写真下)




 -2016年6月19日撮影-

写真の産卵しているサンゴは、まだ
正式な和名が付いてないミドリイシ
の種ですが、ケラマ海域の全サンゴ
の中でも、産卵する卵の量が最も多
く、最も見応えのある大産卵を披露
してくれます。



 -2016年6月19日撮影-

以上、2016年の5月と6月に分かれてのサンゴの産卵は、すべて予想通りの
日程で、バッチリとゲストの皆様にも楽しんでいただきました。









・・2014年サンゴの産卵・・


2014年のサンゴの産卵は、事前に予想していた通りの日程で
寸分の狂いもなく、100%バッチリと、ゲストのみなさんと一緒に
観察できました。



まずは、その初日は6月13日
で、ちょうど満月の夜でした。


-2014年6月13日撮影-


今年最初に産卵が確認でき
たのは、写真上のミドリイシ
の仲間や、写真左のスギノキ
ミドリイシや



 -2014年6月13日撮影-

写真右のユビミドリイシの仲間
などでした。

-2013年6月13日撮影-


そして、待望の大産卵は、翌日の6月14日(土)に行なわれました。

その大産卵を行なうサンゴの種類は、まだ正式な和名はついてなくて、
学名でAcropora donei といわれるモノで、座間味村に多数生息する
サンゴ(ミドリイシ)の中でも最も迫力のある大産卵を披露してくれます。



大産卵の始まりは、シーンと静まり
かえった夜の海で、音もなく、ひっそり
とスタートします。(写真右)



-2014年6月14日撮影-


それがしばらくすると、ドバッーと一斉に
無数の卵が海へと放出されていきます。
(写真左)
そして、気がつくと辺り一面がサンゴの卵
で埋めつくされて、何とも言えぬ神秘的
な光景に覆われます。

 -2014年6月14日撮影-


このサンゴの産卵を見る為に来られ
たゲストの方々も、その大迫力の
シーンに感動しながらも、しきりに
デジカメのシャッターを切っていま
した。(写真右)

-2014年6月14日撮影-


そして、この神秘的で大迫力の大産
卵は、その翌日6月15日にも行なわ
れて、二夜連続での大産卵の披露と
なりました。(写真左)



 -2014年6月15日撮影-

こうして、2014年も無事にサンゴの大産卵が行なわれて、無数の卵
たちが、夜の海へと旅立って行きました。

そして、数年後(数十年後)には、立派なサンゴへと育っていってくれる
事でしょう。







・・2013年サンゴの産卵・・


2013年のサンゴの産卵は、5月末と6月末の2回に分かれて行われ、
その日程は、ほぼ予想通りの日程で確認できました。
ただ、5月に産卵をしたサンゴの種類・数が、予想していたよりも少々
多かったようです。

そこで、ここでは、ゲストも一緒に観察した6月の産卵についての詳細です。


まず最初に産卵が見られたのは、満月
の前日となる6月22日で、タマユビミド
リイシ(写真右)の数個体などでした。


そして、翌日6月23日もこのタマユビ
ミドリイシの数個体が、産卵を確認
できました。
タマユビミドリイシ産卵
-2013年6月22日撮影-
その後は、6月26日のキクメイシの仲間が少量のみ産卵を行なっていまし
た。

そして、いよいよ、待ち望んでいた大産卵は、最初に産卵が行なわれた
満月の前日からすると、1週間も後の6月29日に、ついに行なわれました。

産卵直前
まず、産卵直前には、サンゴの表面
のポリプに、ピンク色の小さな卵が
たくさん顔を出します。(写真左)


 -2013年6月29日撮影-


そして、それが徐々に、サンゴのポリプ
から出て行くように、水面へと向って浮
いて行きます。

いよいよ大産卵の始まりです。(写真右)



大産卵の始まり
-2013年6月29日撮影-
大産卵
その後、サンゴから放出される卵の
数はしだいに増えていって、気がつ
けば、いつの間にか大産卵のピークを
迎えて、辺り一面がサンゴの卵で覆い
尽くされてしまいました。(写真左)

 -2013年6月29日撮影-
この大産卵を行なうサンゴは、座間味村の内海のほとんどのポイントで
見られるものですが、正式な和名はなく学名でAcropora doneiというミドリ
イシの一種で、座間味村に多数棲息するサンゴの中でも、ダントツに大迫
力の大産卵を見せてくれるので、ここ数年はこの種の産卵を1番の狙い目
として追い続けています。




こうして、2013年も無事にサンゴの
産卵が行なわれて、無数の卵たちが
夜の海へと旅立って行きました。
(写真右と写真下)



大産卵
 -2013年6月29日撮影-
夜の海への旅立ち
ただ6月のサンゴの産卵の中でも、1番
狙いの大産卵が行なわれたのは、予想
していた日程の中でも最終日であり、
ギリギリの予想範囲内でした。これは
見方によっては、予想よりも遅れ気味
の日程に思われるかもしれません。

 -2013年6月29日撮影-
そこで、これはあくまで推測なのですが、産卵直前に小さな台風が沖縄
近海を通過して行き、その後に気圧配置が安定せずに、南風の強く波の
高い日がしばらく続きました。ちょうど最初のサンゴの産卵が確認された
頃から、大産卵の前日頃までの間です。

おまけに、直前まで水温も26℃以上まで上がっていたのが、この波の高い
1週間ほどは、2℃以上も下がって急に水が冷たくなりました。
そういった波が高くて、急激に水温が下がってしまった事が、サンゴの産卵
にあまり適さない海の状況になってしまい、大産卵の日程が少々遅れ気味
となってしまったのかもしれません。
まあ、コレは、あくまで推測であり、確かな事は、不明ですが。

まだまだ、わからない事が多いサンゴの産卵ですが、それこそが、さらに
神秘的で、見る者により一層の感動を与えてくれているのかもしれませんね。
来年以降も、ず〜っと、てぃーだマリンでご一緒に、サンゴの産卵を楽しんで
いきましょう。







・・2013年サンゴの産卵・・


2013年のサンゴの産卵は、5月末と6月末の2回に分かれて行われ、
その日程は、ほぼ予想通りの日程で確認できました。
ただ、5月に産卵をしたサンゴの種類・数が、予想していたよりも少々
多かったようです。

そこで、ここでは、ゲストも一緒に観察した6月の産卵についての詳細です。


まず最初に産卵が見られたのは、満月
の前日となる6月22日で、タマユビミド
リイシ(写真右)の数個体などでした。


そして、翌日6月23日もこのタマユビ
ミドリイシの数個体が、産卵を確認
できました。
タマユビミドリイシ産卵
-2013年6月22日撮影-
その後は、6月26日のキクメイシの仲間が少量のみ産卵を行なっていまし
た。

そして、いよいよ、待ち望んでいた大産卵は、最初に産卵が行なわれた
満月の前日からすると、1週間も後の6月29日に、ついに行なわれました。

産卵直前
まず、産卵直前には、サンゴの表面
のポリプに、ピンク色の小さな卵が
たくさん顔を出します。(写真左)


 -2013年6月29日撮影-


そして、それが徐々に、サンゴのポリプ
から出て行くように、水面へと向って浮
いて行きます。

いよいよ大産卵の始まりです。(写真右)



大産卵の始まり
-2013年6月29日撮影-
大産卵
その後、サンゴから放出される卵の
数はしだいに増えていって、気がつ
けば、いつの間にか大産卵のピークを
迎えて、辺り一面がサンゴの卵で覆い
尽くされてしまいました。(写真左)

 -2013年6月29日撮影-
この大産卵を行なうサンゴは、座間味村の内海のほとんどのポイントで
見られるものですが、正式な和名はなく学名でAcropora doneiというミドリ
イシの一種で、座間味村に多数棲息するサンゴの中でも、ダントツに大迫
力の大産卵を見せてくれるので、ここ数年はこの種の産卵を1番の狙い目
として追い続けています。




こうして、2013年も無事にサンゴの
産卵が行なわれて、無数の卵たちが
夜の海へと旅立って行きました。
(写真右と写真下)



大産卵
 -2013年6月29日撮影-
夜の海への旅立ち
ただ6月のサンゴの産卵の中でも、1番
狙いの大産卵が行なわれたのは、予想
していた日程の中でも最終日であり、
ギリギリの予想範囲内でした。これは
見方によっては、予想よりも遅れ気味
の日程に思われるかもしれません。

 -2013年6月29日撮影-
そこで、これはあくまで推測なのですが、産卵直前に小さな台風が沖縄
近海を通過して行き、その後に気圧配置が安定せずに、南風の強く波の
高い日がしばらく続きました。ちょうど最初のサンゴの産卵が確認された
頃から、大産卵の前日頃までの間です。

おまけに、直前まで水温も26℃以上まで上がっていたのが、この波の高い
1週間ほどは、2℃以上も下がって急に水が冷たくなりました。
そういった波が高くて、急激に水温が下がってしまった事が、サンゴの産卵
にあまり適さない海の状況になってしまい、大産卵の日程が少々遅れ気味
となってしまったのかもしれません。
まあ、コレは、あくまで推測であり、確かな事は、不明ですが。

まだまだ、わからない事が多いサンゴの産卵ですが、それこそが、さらに
神秘的で、見る者により一層の感動を与えてくれているのかもしれませんね。
来年以降も、ず〜っと、てぃーだマリンでご一緒に、サンゴの産卵を楽しんで
いきましょう。







・・2012年サンゴの産卵・・


2012年のサンゴの産卵の観察状況です。
6月6日から実際に夜の海へ出かけて、サンゴの様子をチェックしに行きまし
たが、観察を始めて2日目となる6月7日から産卵するサンゴを確認できました。



それは、キクメイシ(サンゴ)の種類による
ものでした。(写真右)
この夜は3種類のキクメイシが5個体ほど
産卵を行ないましたが、キクメイシの卵は
ミドリイシ(サンゴ)の卵とは、ちょっと違っ
て濃いピンク色をして、しかもポリプから
放出される瞬間は、一気にドバッとたくさ
んの卵たちが同時に出て来るので、なか
なか見応えがあります。
キクメイシの産卵
-2012年6月7日撮影-
ユビミドリイシの仲間の産卵
翌6月8日には、今年初めてとなるミドリ
イシの種類の産卵が確認できました。
(写真左)
それは、ユビミドリイシの数種類が8個体
ほどで、かなり小規模な産卵でした。
でも、それでも、初めてサンゴの産卵を
見るゲストの方々は、かなりの大喜び
でした。

 -2012年6月8日撮影-
そして、待望の大産卵は、翌6月9日に大々的に行われました。
ここ5年間ほど、ず〜っと観察を続けている、あの大きなミドリイシ(サンゴ)に
よる大規模な大産卵です。

ゲストと一緒にエントリーしてこのサンゴの側にスタンバイした時には、まだ、
産卵は始まってなくて、サンゴの表面に無数にあるポリプに、ピンク色した卵
がビッシリと顔をのぞかせています。
その後、すぐに、ポツ・ポツとポリプから解き放されるように、静かにサンゴの
産卵が始まりました。



サンゴから出てきた卵たちは、ゆっくり
と水面に向かって浮いて行きます。
初めのうちは、まだ少なかった卵の
数も、そのうち徐々に増えていって、
しばらくすると、相当大量の数の卵
たちがサンゴから放出されていきま
した。
大産卵の始まり
-2012年6月9日撮影-

この大産卵の様子を間近で観察しているゲストたちも、目の前が無数の卵で
覆われてしまって、視界もさえぎられてしまうほどです。(写真上)


大産卵 さらには、すぐ側にある同じ種類のミドリ
イシ数個体も、同様にドバッ〜と大量の
卵を放出しており、あたり一面は、もう
サンゴの卵・卵・卵・卵で埋め尽くされて、
まさに爆発的で大規模な大産卵でした。
(写真左)

 -2012年6月9日撮影-
この大産卵を見る為に来られていたゲストたちも、間近でその様子を観察でき
たので、大興奮の中での大満足のナイトダイビングになったようです。


ちなみに、この夜は大規模な大産卵を
披露してくれたこのミドリイシ以外にも、
いろんな種類のミドリイシも産卵を行な
いました。
(写真右と右下)
コエダミドリイシ産卵

こうして、夜の海で数日間に渡って繰り
広げられたサンゴの産卵は、本当に神
秘的で、見る者を圧倒する大迫力感も
あり、初めて産卵を見る者は、もちろん
の事、何度見ても最高に心躍るシーン
で感動的です。
トゲスギミドリイシ産卵
-2012年6月9日撮影-

2012年も、事前に予想していた通りの日程でサンゴの大産卵が行なわれて、
産卵目当てで来られたゲスト全員にお見せする事が出来て本当に良かったで
す。

まだ、サンゴの産卵を見た事がない方は、ぜひ来年、チャレンジしてみてだく
さいね。

そして、毎年毎年、大産卵を行なっているザマミの海の偉大なサンゴたちに
感謝です。

これからも、ず〜っと、この素晴らしいサンゴたちが健全な状態で守られて
いき、その卵たちも、あちこちへと広がって行って、さらに大きなサンゴ礁ヘ
と成長してくれる事を願っています。

ライスシャワーのような祝福の大産卵
 -2012年6月9日撮影-






・・2011年サンゴの産卵・・


2011年のサンゴの産卵は、5月と6月の2回に分かれて産卵しましたが、ほぼ事
前の予想通りの産卵となったようです。

ただ、5月の中旬ころまでは、例年よりも気温の低い日が続いていた為に、水温の
上昇もかなり遅れてしまい、5月に産卵したサンゴの規模は本当に極めてわずかな
種類だけでした。

産卵の始まり
そして、6月の産卵は、これもほぼ予想通
りに満月の数日後から、サボテンミドリイ
シ・タマユビミドリイシ・ウスエダミドリイシ
・キクメイシなどが、ちょこちょことばらけ
るように小規模な産卵を行ってました。



 -2011年6月21日撮影-
その後、最も注目している学名Acropora doneiというミドリイシ(サンゴ)の大産
卵が待ち望まれている中、私が予想した産卵日(6月23・24日)よりも2日だけ
早く産卵が行われました。
たった2日とは言え、予想していた産卵日よりも早く産卵が行われた要因として
考えられる事が2点あります。

まず1点は、5月中旬までは天候も雨の日が多く、気温も水温もかなり低め
だったのが、5月後半の台風2号の通過後は、今までの梅雨の天候が一転して、
真夏のような陽気になり気温も水温も一気に上昇していき、沖縄の梅雨も観測
史上最も早い時期(6月9日)での梅雨明けとなってしまいました。
なので、その後もさらに気温も水温も急激に上昇していき、サンゴの卵の生育も
かなり早まったという事が、産卵が早まったまず一つの要因に挙げられます。


また、もう一つの要因は、台風5号がちょう
どこの頃に沖縄に接近したという事です。
この台風5号は、6月24・25・26日の3日間
を沖縄全域を暴風域(もしくは強風域)に
巻き込みながら通過して行きました。
もちろん、その間は海は大しけです。


真夜中のごちそう
-2011年6月21日撮影-

当初から予想していた産卵日は、6月23・24日でしたが、もしこの日程でサンゴの
産卵が行われていたとしたら、まさに台風の大しけの最中での産卵になり、誕生
したばかりのサンゴの卵も生存率は極めて低いものとなったはずです。
ですので自然界で生息するサンゴたちは、そんな台風の接近を事前に察知して、
早めに産卵を行ったという事も充分に推測されます。
大産卵
『まさか、サンゴが台風の接近を察知するな
んて・・・』と言われる方もいらっしゃるかも
しれませんが、実は、このような話は自然
界では良くある事なのです。
例えば、火山の噴火が起きる前に山にいる
動物や鳥などが移動して行ったとか、大地
震の前にカラスなどの鳥が異常な集団行動
をしていたなどなど、昔から日本各地・世界
各地で、自然災害を事前に察知する野生
動物の行動が知られています。
 -2011年6月21日津田敬久撮影-

ですので、水中のサンゴたちが台風の接近を事前に察知して、産卵行動を早めに
行うという事も、何ら不可思議な事ではないのではないでしょうか。


という事で、2011年のサンゴの産卵は、
全体的には私がほぼ予想した通りの日
程で、5月と6月に分かれて産卵が行わ
れたものの、肝心のAcropora donei
(ミドリイシの一種)の大産卵は、予想よ
りも2日だけ早く、産卵が行われてしま
ったという事を踏まえて、来年以降は
今年の産卵のデータを加味して、さら
なる確実性のある産卵予想を行いたい
と思っております。
産卵ウォッチング
-2011年6月21日撮影-

来年も、ぜひとも、サンゴの産卵をてぃーだマリンでご一緒に楽しみましょう。







・・2010年サンゴの産卵・・


2010年のサンゴの産卵は、昨年と同様に大規模ないっせい産卵で、見応えのある
大産卵が見られました。

サンゴの産卵

しかも大産卵が行われた日程は、数ヶ月
も前から事前に予想していた通りの日程
で行われたので、その予想に合わせて来
ていただいたゲストの方々にも、大いに楽
しんでいただけました。


 -2010年6月4日撮影-


まず、大産卵が行われる数日前の5月
30日に今年最初の産卵が確認できま
した。(写真右)
キクメイシ(サンゴ)の数種類による
極小規模な産卵です。


キクメイシ産卵
-2010年5月30日撮影-

ウスエダミドリイシ産卵
そして、大産卵が行われた6月4日の夜、
この日一番最初に産卵を始めたのはウ
スエダミドリイシ(写真左)でした。
その産卵の様子は、実に静かな状況の
中で始まり、このあとに繰り広げられる他
のミドリイシによる大産卵のプロローグで
もありました。


 -2010年6月4日撮影-


一般的にサンゴは時を同じくしていっ
せい産卵を行うと言われてますが、そ
れは正確な情報ではありません。
正しくは、サンゴの種類によっては産
卵する日にちも違うし、産卵する時間
帯もかなり差があるという事です。


タマユビミドリイシ産卵
-2010年6月4日撮影-

コエダミドリイシ産卵
この日(6月4日)も、最初のウスエダミド
リイシから、時間をおきながらタマユビミ
ドリイシ(写真上)、コエダミドリイシ(写
真左)、トゲマツミドリイシ、ツツユビミドリ
イシ、オヤユビミドリイシなどなど、同じ種
類のサンゴがそれぞれ同じ時間帯に産卵
を行いました。


 -2010年6月4日撮影-



その中でもサボテンミドリイシの産卵
(写真右)は、一度に大量の数の卵を
放出するので、その産卵の瞬間はか
なり見応えがありました。




サボテンミドリイシ産卵
-2010年6月4日撮影-

Acropora doneiによる大産卵 でも、何といっても、一番迫力がある大
産卵を見せてくれたのが、写真左の産
卵シーンです。
この種のサンゴはまだ正式な和名がなく
学名Acropora doneiというミドリイシの
一種で、多数生息する座間味村内海域
のサンゴの中でも、間違いなく、最高に
大迫力の大産卵を見せてくれます。

 -2010年6月4日撮影-

と言う事で、2010年もゲストとともにサンゴの大産卵をじっくりと楽しむ事が
できました。
しかも、大迫力の大産卵もあり、いろんな種類のサンゴの産卵まで見られて、
かなり大興奮の中でのサンゴの産卵ウォッチングでした。

このように、毎年、座間味の海の中では、大量にサンゴの卵が誕生している
のですから、これらの大量の卵が大きなサンゴ礁へと成長していけるように、
みんなで海の環境を大事に守り育てて行きたいですね。

そして、来年以降も、今回と同じように、正確なサンゴの産卵の予想をお伝え
して、多くのゲストの皆さんにサンゴの産卵をお見せしたいと思っております。






・・2009年サンゴの産卵・・


2009年サンゴの産卵は、久々に見るミドリイシ(サンゴ)のいっせい産卵で劇的な
までの大産卵となりました。(写真下)

いっせい産卵の始まり
ただ、その産卵日は、満月から遅れること
一週間後の6月15日でした。

これは、今年の沖縄の梅雨の終わり頃の、
最も激しい豪雨が数日間続いたことで、
産卵条件が悪くなりこれほどの遅い日程
になったのではと推測されます。


 -2009年6月15日撮影-



ちなみに6月15日の大産卵以外に、わずか
だけでも産卵が確認できたのは、6月10日の
数種類のキクメイシの仲間による産卵(写真右)
それに大産卵前日の6月14日に、数個体だけ
のミドリイシ(サンゴ)による小規模産卵でした。



キクメイシ産卵
-2009年6月10日撮影-


大産卵
また、6月15日に大産卵したミドリイシの
正式な名称はAcropora doneiと言う枝状
のサンゴの種類で、まだ正式和名はついて
いないようです。
Acropora doneiというミドリイシの産卵の
ピーク時は(写真左)まさしく大産卵で、
暗い夜の海で劇的に繰り広げられるサン
ゴの卵の大爆発と言った感じでした。

 -2009年6月15日撮影-




さらには、これらの無数のサンゴの卵を
食べようと、チョウチョウウオたちも集ま
って来てました。(写真右)





卵に集まる魚たち
-2009年6月15日撮影-

2009年のサンゴの産卵は本当に見事な大産卵で、15年間ずっと産卵を
見続けてきた私にとっても、かなり印象深い産卵の一つになりました。

そして、今回のような大産卵は、どんなに綺麗な写真を紹介しても、どんな
にたくさんの説明文を添えたとしても、実際に目の当たりにしたあの大産卵
の迫力はお伝えできないと思います。
それほど素晴らしい大産卵でした。

そして、今年のサンゴの産卵の観察によって、また新たな事が幾つか分か
ってきたので、来年以降のサンゴの産卵の時にはこの経験を活かして、必
ずやゲストの皆さんに、より正確な情報を提言できる事でしょう。

来年もまた、ゲストの皆さんに感動的なサンゴの産卵をお見せいたします。
ご期待ください。







・・2008年サンゴの産卵・・


2008年サンゴの産卵の報告です。



スギノキミドリイシの一種の産卵 今年のサンゴの産卵は、5月と6月の2回に
分かれての産卵になると、事前に予想して
おりましたが、5月も6月もほぼ予想した日
程で産卵が確認できました。

まず、5月の産卵は、5月25日にスギノキ
ミドリイシの一種による産卵が行われまし
た。(写真左)
 -2008年5月25日撮影-


この日は、唯一、この種のみの産卵でし
たが、それでも、スギノキミドリイシは
かなり大量の数の卵を放出するので、周
りにはたくさんの卵が水中を漂って、そ
の匂いに釣られるように魚たちも集まって
来て、産まれたばかりの卵を盛んに食べ
ていました。(写真右)

真夜中のごちそう
-2008年5月25日撮影-

また、私は観察には行きませんでしたが、翌日(5月26日)もスギノキミドリイシの
産卵が行われたようでした。


そして、5月に引き続き6月の産卵です。

6月は19日が満月にあたり、その数日前より産卵の可能性があると思われたので、
6月17日より観察を行いました。


タマユビミドリイシの産卵 その数日間は、産卵の瞬間は実際には
確認できなかったものの、水中で流れて
来るピンク色の卵だけは、数個だけ見ら
れました。
おそらくその卵の数の少なさ・色合い・
大きさなどから判断すると、キクメイシ
(サンゴ)の種類の卵だと思われました。
 -2008年6月20日撮影-

その後、実際に産卵が見られたのは、満月の翌日の6月20日で
した。(写真上)


ただ、この日、産卵が確認できたのは、
タマユビミドリイシの一種類だけでした。
でも観察しているエリア内で、15個体も
のタマユビミドリイシの産卵が行われて
いました。(写真右)

産卵ウォッチング
-2008年6月20日撮影-


サボテンミドリイシの産卵

さらに翌6月21日は、サボテンミドリイシの
産卵が確認できました。
このサボテンミドリイシも、一度に大量の
卵を放出するので、辺りはかなりの数
の卵に溢れて、かなり見応えがありま
した。(写真左)



 -2008年6月21日撮影-

でも、当初より産卵するであろうと目星をつけていたスギエダミドリイシは一向に
産卵が見られずに、その後も、数日間も夜の海へ行き、サンゴの産卵の状況を
観察し続けることになりました。
そして、満月から遅れること約一週間後の6月25日・26日の2日間に渡って、
スギエダミドリイシの産卵が行われました。

ただ、予想外だったのが、その産卵の時間帯でした。
今までは、この種の産卵は、他のミドリイシと同様に22:00ごろから産卵が
行われると言われていたのが、実際に目にしたスギエダミドリイシの産卵は、
20:00ごろには始まって20:30までには、ほぼ産卵を終了していました。

おそらく、この事は、あまり知られていないサンゴの産卵における未知な部
分だったと思われます。

結局、今年のサンゴの産卵は、5月と6月の2回に分かれて行われて、その
ほとんどを実際に確認しましたが、5月の産卵に関しては日程や産卵の規模
など、ほぼ事前の予想通りでした。
6月の産卵についても、予想した日程で産卵が見れたと言う事に関しては、
まずまず予想通りと言っていいと思います。
ただ、一番期待していたスギエダミドリイシの産卵が予想よりも数日も遅れて
行われた事と、その産卵の時間帯が予想外だったという点においては、新た
な発見であり、これからのサンゴの産卵ウォッチングに、ぜひとも活かして
いきたいと思いました。

2009年以降も、もちろん、ずっと・ず〜っとサンゴの産卵ウォッチングを
続けていきます。

そして、ザマミの初夏の海で誕生したサンゴの卵たちが、いつまでも
元気に成長していけるように、みんなでこの海の自然環境を大切に守り
続けていきましょう。








・・サークルド・ドラゴネット(ザマミテグリ)の産卵・・


可愛らしいメス 1999年に日本初記録として発見した
サークルド・ドラゴネット(愛称:ザマミ
テグリ)の産卵ウオッチングを、2004年
の夏は復活します。
世界的にも貴重なこのサークルド・ドラ
ゴネット(ザマミテグリ)は、他のテグリ
(ニシキテグリなど)以上に昼間は臆病
でサンゴの影に隠れていて、夕暮れ時
にサンゴの外側に姿を見せます。
 -2004年5月26日撮影-

写真上は体長2cmほどの可愛らしい
メスで、写真右は、体長7cmほどの
特大のオスです。

そして、夏場の(6〜8月あたり)には
産卵行動までウォッチングできます。
まず、オスは体全身のヒレを広げて、メ
スに対し求愛を行います。その時、別
のオスが現れるとオス同士でメスの奪
い合いが始まります。
オス
-2004年5月26日撮影-

オス同士のにらみ合い 写真左は、その時のオス同士の争い
でヒレを全開にして、お互いの強さを
アピールしてのにらみ合いのシーンで
す。
その争いは体の大きいオスの方が勝
つのが当たり前で、通常は一瞬にして決ま
ります。しかし、この撮影の時には、体
の小さい方のオスが大きなオスに対し
て、一歩も譲らずにしばらくの間こう
ちゃく状態が続いた。
 -2004年5月26日撮影-

そして、終いには写真右の様に、
2匹のオスが噛み付き合うまでのとて
も激しい戦いとなった。最終的には、
やはり体の大きいオスがその戦いを
征し、その後は、メスと一緒にペアに
なって、宙に舞い上がって無事に産卵
を終えた。

噛みつき合い
 -2004年5月26日撮影-

世界的にも珍しくて貴重なサークルド・ドラゴネット(ザマミテグリ)たちです。

皆さん、是非、見に来て下さい。

尚、今までの観察状況から判断して、産卵行動まで見られる日、と見られ
ない日もあるので、事前にお問い合わせくださいね。







・・ニシキテグリの産卵・・


夕暮れ時 夏場だけにしか見られないニシキテグリ
の産卵を、サンセットダイブでウォッチン
グできます。

夕暮れ時には、昼間なかなか見られない
臆病者のニシキテグリたちも、かなり大胆
に外の方に出て来て、狭い範囲に集まっ
て来ます。(写真左)

 -2003年6月26日撮影-
その後、しばらくすると、気の強い
オスたちはメスを獲得するために、
体全身のヒレを広げて威嚇し合い
ます。中には、ヒレが千切れる程
まで、激しく噛み付き合うこともあ
ります。(写真右)


オス同士の争い
 -2003年6月26日撮影-
産卵シーン そして、オス同士の争いに勝った強い
者だけがメスと一緒にペアになり、宙
に舞い上がって産卵(放卵・放精)を
行います。(写真左)
時には、オス1匹に対してメス4匹が
集まって来ることもあります。そんな
時は、オスはメスの数だけ産卵を繰
り返します。(すごい精力絶倫のオス)

-2003年6月26日 撮影- 

夏場限定のスペシャルなサンセットダイブ。

ニシキテグリ好きの方には、おすすめの1本です。






・・ ジョーの口内保育 ・・

口内保育中 ガレ場に生息するジョーフィッシュは、
春から夏場にかけてが産卵期とされて
います。
イシモチなどと同様に、メスが産卵した
卵をオスが口の中で育てる、いわゆる
口内保育を行います。

でもその姿を見た者は少ないはずです。

 -2003年4月9日撮影-
それは、イシモチの口内保育のように、卵が孵化するまでずっとオスが口の中
で育てるわけではなく、ジョーフィッシュのオスは、巣穴の中に卵を置いてきて
しまうこともよくあるからです。

ここで紹介している写真のオスも、初め見つけた時には、卵を口の中には入れ
てない状態でした。2〜3枚写真を撮った後、他の個体を捜しに行き、数分後に
また戻って来てみると、今度はしっかりと口内保育をしているという具合でした。

ジョーフィッシュの口内保育を見るには、一発勝負に近いものがあるかも知れま
せんね。(笑)
でも、ジョーフィッシュの口内保育は一見の価値ありです。

  



・・ケラマ・ザマミの海を愛する皆様へ支援のお願い・・

ケラマ・ザマミのサンゴは世界的にも貴重なサンゴの群生の地域として知られています。
又、ケラマで産卵したサンゴの卵は、沖縄本島・奄美大島まで流れ着きサンゴの供給源
ともなっています。
しかし、数年前よりケラマでは、異常発生したオニヒトデによるサンゴの食害が深刻とな
っています。そこで、我々座間味ダイビング協会のメンバーが、ボランティアでオニヒトデ
の駆除活動を実施しておりますが、まだまだ安心できない状況です。

座間味ダイビング協会としては、今後もサンゴの健全な状態を維持し、又、沖縄全土の
サンゴが全滅してしまわぬようオニヒトデ駆除活動を、継続していかなければならないと
考えております。
しかし、駆除活動の資金継続も時間の問題となっております。そこで、沖縄のテレビ局が、
オニヒトデ駆除の為の募金を開設しております。

募金方法は、下記の通りとなっております。

ケラマ・ザマミの海(サンゴ)は、世界の宝です。
ぜひ、この貴重な海(サンゴ)を守るために皆様のご支援をお願い致します。


座間味ダイビング協会

ー募金方法ー


  • NTTのダイヤルQ2を利用したQAB「美ら島募金」というものです。
    下記の電話番号に電話しますとメッセージ(駆除数等の情報)が流れます。このメッセージを聞い
    ていただきますと100円が募金される仕組みです。

  • 料金回収はNTTが代行して、電話料金と一緒に請求されます。一定額に達しますと座間味村の
    座間味ダイビング協会に寄付されます。

  • 携帯電話・PHS・公衆電話からの使用は出来ません。

QAB 美ら島募金 電話番号  0990-5-03545

詳しくは琉球朝日放送(QAB)のHP (http://www.qab.co.jp/) をご覧下さい。







・・モンツキカエルウオ、子育て中・・

子育て中 愛嬌のある顔立ちでカエルウオの中でも
一番人気なのが、このモンツキカエルウオ
です。

写真は2002年春に撮影したもので、巣穴
の内側にびっしりと産みつけた卵を育てて
いる様子です。

産んで間もないころの卵は、白っぽい色を
していますが、10日間ほどもすると、写真の
 -2002年4月21日撮影-
ように一つ一つの卵が目までハッキリと見えるようになります。

卵を守っている最中のモンツキカエルウオは、大抵はかなり根性が座っていて、ダイバーが
近づいてもなかなか引っ込みません。
中には、卵を見せないようにと、体で卵を隠してしまう者もいて、卵と一緒に写真に収めるのに、
苦労させられる肝っ玉とうちゃん(?)もいるくらいです。(笑)

でも希に、ダイバーを見るとすぐに卵をほったらかしにして、自分だけ安全な場所に一目散に
逃げ出す小心者もいたりします。

もし、あなたがモンツキカエルウオだったら、どっちのタイプですか。(笑)

体を張っててでも卵を守る肝っ玉とうちゃん、それとも・・・・・・・・・・・。






・・ 日本初記録「サークルド・ドラゴネット!?」発見 ・・

サークルド・ドラゴネット!? 第一発見日は、1999年8月12日。
場所は座間味の湾内性の環境。
初めて見た瞬間は、おそらく新種の
テグリではと思った。その後、
幾度となく、仕事が終わったあとの
夕暮れ時に一人で潜り、いろいろと
観察する。
そして、ついに1999年9月18日、
日没後の19:00ごろ二匹の産卵行動の
瞬間を写真に収めることに成功。
 -1999.9.18 撮影-
 生息する環境やユビエダハマサンゴのすき間を泳ぐ様子、さらには産卵行動ま
 で ニシキテグリと同様であった。

 そして、専門家の談として、神奈川県立生命の星・地球博物館の瀬能氏に
 よると「海外では数例の記録があり、日本ではまだ正式な記録のない、
 サークルド・ドラゴネットではないだろうか。
 ただ、正確には標本の検討が必要です。」ということであった。
 (2000年1月号のダイビングワールドお魚鑑定団のコーナーに掲載)

 また、発見当初は4個体しか確認できなかったが、今現在の観察状況では、
 少なくとも10匹ぐらい、もしかすると20匹前後はいそうな感じである。

 今年はみなさんにも産卵シーンまでお見せできればと思っています。
 興味のある方は、ぜひどうぞ。
 その際には、みなさんも必ず環境への配慮をお忘れなく。
 せっかく貴重な生物が見れても、その度に、周りの環境を壊してしまっては、
 元も子も無くなってしまいます。

ちょっと雑談へ

神奈川県立生命の星・地球博物館








トップページへ
ショップ紹介 | トピックス | マクロレンズ | フィッシュアイレンズ | ゲストによるフォトギャラリー
予約・お問い合わせ | 今週のログブック | なんでも写真館
掲示板 | リンク集
Mail To Teeda Marine